お問合せ診療カレンダー
JR秋田駅から徒歩5分の「胃腸科・消化器科・肛門科・内科・外科」なら【えちごやクリニック】

主な肛門疾患

 

痔核(いぼ痔)

肛門に負担がかかることにより、肛門付近の血行が悪くなり、肛門の一部に腫れが出来る病気です。出来る部位により“内痔核”と“外痔核”に分けられます。治療として、保存的治療(軟膏や座薬、内服薬)、結紮切除術、痔核注射療法(ALTA)などがあります。

 

裂肛

便秘や下痢で肛門上皮が切れ、痛みや出血を伴う病気です。状態により急性裂肛と慢性裂肛に分類されます。治療をしては排便コントロール、軟膏や座薬による治療、薬で改善しない場合は手術をすることもあります。

 

痔瘻(あな痔)

下痢や免疫が低下している時に肛門にあるくぼみから細菌が入り、膿瘍を形成する病気です。肛門の周りが腫れ、痛みが出現し、発熱を伴うこともあります。膿が出ると痛みはなくなり、管状のしこりとなったものを痔瘻といいます。治療としてまず外来で切開して膿を出します。排膿されると痛みは楽になりますが、再発、複雑化、まれにがん化することもあり、根治手術をしなくてはいけません。